生命保険の機能

生命保険に入っていれば安心という言葉をよく聞きます。
生命保険は世間一般ではお守りとも言われまず。
結婚や出産などで家族ができたことをきっかけに生命保険を見直すこともよくあるでしょう。
しかし、生命保険の役割をしっかりと理解している人はそう多くはありません。
はじめに保険の機能から紹介していきます。

生命保険の第一の機能が死亡保障機能。
家族の大黒柱が亡くなった場合などに金銭で保障する機能です。
死亡しなくても病気や怪我などの場合でも費用はかかります。
通院や手術などの治療費用を保障してくれる機能が医療保障機能です。
生命保険は満期になれば満期保険金、途中で解約しても解約返戻金を受け取ることができます。
これを教育資金や老後の資金として利用することも可能です。
この機能は貯蓄機能といいます。

生命保険と貯蓄の大きな違いは生命保険を契約していれば支払い済みの保険料がいくらであっても、あらかじめ決められた額を受け取ることができるということです。
貯蓄の場合は積み立てた金額とその利息分しか戻ってはきません。
このことを『貯蓄は三角、保険は四角』とも言います。
万が一の事態が生じたときに貯蓄ではまかなえない金額をカバーすることができるのです。
潤沢に蓄えがあれば、万が一のときにも心配は要らないでしょう。
しかし例えばまだ貯蓄は少ない若い夫婦などが、家族のために保障が必要といった場合、保険に加入することで、十分な保障を受けることができます。
このページでは生命保険に関する情報をまとめています。

[特選サイト]
家族のための保険を見直してくれるサイトです →→→ 保険 見直し

Copyright © 2014 生命保険加入のススメ All Rights Reserved.